複合機リース知恵袋
複合機リース知恵袋
複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機を導入する際はリース料を見積で確認すること

複合機をリースで導入することを検討しているのなら、信頼できるリース会社を選ぶ必要があります。
では、どのような視点から依頼先を選ぶと良いのかというと、リース料・コンサルティング・メンテナンスなどが考えられます。
続きを読む

複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機をリースする際の注意点も知っておくこと

複合機をリースで導入するメリットのひとつは、リース料金が経費扱いにできる上に、月額料金が固定されているためランニングコストが把握しやすいことです。
また所有権がリース会社にあるので、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが必要でないため面倒な事務処理の負担もないのです。
もうひとつのメリットは初期費用がゼロ円で導入できる点で、まとまった資金が一気に出て行かないために、その費用を会社の他の運転資金に回すことも可能になります。
また比較的気軽にリース契約の申し込みできることも嬉しいポイントになります。
続きを読む

複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機はリースと購入のどちらがお得なのかを比較

複合機を導入する場合に、複合機を中古で購入するのとリースとどちらが良いのかを悩まれる方も少なくないです。
実際、複合機の中古購入もリースも良し悪しがあって一長一短なので、それぞれのメリット・デメリットを比較して見る必要もあります。
続きを読む

複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機の導入方法は新品や中古の買い取りかリースか?

コピー機や複合機を導入する方法としては、大きく分けて新品や中古品の買い取り・リース・レンタルといったものがあります。
それぞれの導入方法の特徴や違いを知っておくと、どの方法で導入することが適しているのかを判断するのに役立ちます。
続きを読む

複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機の月額リース料金にはメンテナンス料金は含まれない

複合機をリースで導入した場合には、月額のリース料に故障の際の修理やパーツを交換するメンテナンスサービスは含まれていません。
つまりリース契約と保守契約とは全く別の契約になるので、消耗品や故障時のメンテナンスサポートやアフタフォローを受けられる保守契約をする必要があるのです。
その為、複合機をリースした場合の月額コストは、リース料と保守料金の2つになります。
続きを読む

複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機のリース料の内訳を理解するのなら仕組みを理解すること

複合機をリースで導入する際に、リース料やランニングコストが気になりますが、それと共にそもそもリース料はどのような内訳になっているのかも気になる点です。
リース料の内訳はリース会社によって内容に違いがあるので、一概には言えませんが一般的には、複合機にかかる固定の月額料金をはじめ、複合機の移動や設置にかかる運搬費用や契約に関する初期費用があります。
また、トナーなどのランニングコストや、故障修理や定期メンテナンスなどといったアフターサポートにかかる費用も含まれるケースがあります。
続きを読む

複合機を借りるには | 11月03日更新

コピー機か複合機かはリース料だけでなく機能も考える必要がある

コピー機や複合機を導入する時には、複合機とコピー機の違いやそれぞれのメリット・デメリット、リース料の違いを比較しながら検討する必要があります。
それにより自身が本当に必要とする機器がどちらなのか判断することができますし、リース料がどの程度なのかも分かります。
そこで、まずは複合機とコピー機の違い、メリットとデメリットについて確認しておくと良いです。
続きを読む

複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機のリース料相場とそれに該当する機種の特徴

会社の設備として必要となる複合機をリースで導入しようと検討している方もいますが、その際に気になることはリース料の相場です。
複合機のリース料は、メーカー・機種・印刷速度などの機能など様々な要素で異なってくるので、一概に相場がどの程度かは判断しにくいものです。
しかし、必要とする機能が整っていて、しかもリース料が相場よりも安いものをと考える方も少なくないので、印刷速度による相場の違いを参考として紹介します。
続きを読む

複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機はどのような要素でリース料に違いがあるのか?

会社設立をする際に複合機は必要な設備だけど、できることなら別に資金を回したいと考えている方も少なくないです。
その為、どうしたら良いのか迷ってしまうでしょうが、そういう時こそ複合機をリースで導入することを検討してみると良いです。
そうすれば設備投資資金を大幅に削減することが可能になりますし、リース料などの費用については毎月のランニングコストとして経費で処理することができます。
続きを読む

top