複合機リース知恵袋
複合機リース知恵袋

複合機をリースする際の注意点も知っておくこと

複合機を借りるには | 11月03日更新

複合機をリースで導入するメリットのひとつは、リース料金が経費扱いにできる上に、月額料金が固定されているためランニングコストが把握しやすいことです。
また所有権がリース会社にあるので、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが必要でないため面倒な事務処理の負担もないのです。
もうひとつのメリットは初期費用がゼロ円で導入できる点で、まとまった資金が一気に出て行かないために、その費用を会社の他の運転資金に回すことも可能になります。
また比較的気軽にリース契約の申し込みできることも嬉しいポイントになります。

このようなメリットがあるので、複合機を導入する際はリースにする方が多いのですが、リースする際の注意点もあるので知っておくことも必要です。
リース契約する際の注意点のひとつは契約期間についてで、基本的にリース期間中の解約はできないということです。
一般的にリース期間は5〜6年なので、その期間中は固定費として支払いが発生することを認識しておく必要があります。

もうひとつの注意点は、複合機の保証・保険のような存在となる保守契約についてで、契約する際には詳細の契約内容をしっかりと確認することです。
トナー切れや紙詰まり、また故障が発生した時に迅速に対応してくれなくては業務に影響することもあります。
また、定期的な点検や消耗品の補充なども充実していなくては困ることなので、中身が不明確なまま契約してしまうことがないように注意が必要です。

複合機をリースする際の注意点は、リースで導入する際の費用で一般的な相場を考慮しながら支払える金額の製品を選ぶことが必要です。
リース会社によってはキャンペーンを行っている場合もありますが、使用したい機能や日々の印刷枚数などを考えてプランを選ぶことです。
安さだけで決めてしまって後悔することがないように注意することが大事ですし、しっかりと複数社から見積もりを取って比較検討するように心がけることです。

top