複合機リース知恵袋
複合機リース知恵袋

複合機はどのような要素でリース料に違いがあるのか?

複合機を借りるには | 11月03日更新

会社設立をする際に複合機は必要な設備だけど、できることなら別に資金を回したいと考えている方も少なくないです。
その為、どうしたら良いのか迷ってしまうでしょうが、そういう時こそ複合機をリースで導入することを検討してみると良いです。
そうすれば設備投資資金を大幅に削減することが可能になりますし、リース料などの費用については毎月のランニングコストとして経費で処理することができます。

こうした複合機のリース契約というのは、お客様が必要とする複合機をリース会社が購入して、一定の期間に渡ってリース料を受けることを条件にその機器を賃借することです。
つまり、リース会社へ月々のリース料を支払うことで機器を借りる契約をすることで、その際に動産保険が適用となるので、火災や盗難などで破損した場合でも保険の適用になるのです。

では、リース料金は何によって違ってくるのかというと、リース会社のサービス内容や利用する複合機の種類などによって違います。
例えば、機器メーカー・カラーコピーの可否・印刷速度・可能な用紙サイズ、またコピーの枚数によるカウントやトナー代を一括して支払うなどで異なるのです。
このように、ランニングコストに関しても契約内容で大きく変わって、通常たくさんコピーする契約なら単価が低く、あまりコピーしない契約なら単価が高くなる傾向にあります。

複合機をリースするのですから基本的に機能が充実していることを望んでいるのでしょうが、先に紹介したことからも分かるように、機能が充実するほどリース料は高くなります。
ですから、できる限り余計な機能は省いて、欠かせない機能に絞って必要以上に費用がかからないようにすることも必要なことです。
会社にとって必要となる設備ですから、リースで導入するのなら複合機の機種・機能・リース料など様々なことをトータルで比較検討するべきです。
そして、最適な複合機とプランを考えて決定することをおすすめします。

top