複合機リース知恵袋
複合機リース知恵袋

複合機の導入方法は新品や中古の買い取りかリースか?

複合機を借りるには | 11月03日更新

コピー機や複合機を導入する方法としては、大きく分けて新品や中古品の買い取り・リース・レンタルといったものがあります。
それぞれの導入方法の特徴や違いを知っておくと、どの方法で導入することが適しているのかを判断するのに役立ちます。

新品や中古品の買い取りというのは複合機を購入することで、所有権がお客様になるので原価償却や固定資産税が発生します。
購入した際の支払い方法は現金・割賦・ローンと様々ありますし、所有権があるので廃棄・売却・譲渡などが自由にできます。

リースは複合機の導入方法の中で最もポピュラーな方法で、所有権については買い取りと違ってリース会社になります。
導入の初期費用がかからないですし、リース料金は経費扱いできるため、原価償却や固定資産税の事務処理が必要ありません。
ただ、複合機の中古品はリース契約をすることができないので注意が必要ですし、もしリース会社が中古品をリースしようとした際は拒否することです。

レンタルは短期的に利用する時に使われる導入方法で、所有権はリースと類似していてレンタル会社になります。
また原価償却や固定資産税の事務処理も必要ありませんし、いつでも解約することができます。
ただ、リースや買い取りよりも毎月の支払い金額で換算すると高いですし、中古品で型が古いことや機種・モデルが選べないこともあります。

いずれも一長一短があるので利用シーンに合わせた導入方法を選択すると良いですが、会社や仕事で使用するのならリースで導入することがおすすめです。
その理由は、初期費用がゼロ円で導入することができますし、毎月のリース料支払いを経費扱いにできるといった大きなメリットがあるからです。
資金繰りに余裕があるのなら新品や中古品の買い取りという方法も良いでしょうが、大抵スタート時は資金繰りが厳しい状況にあると考えられます。
また資金繰りに余裕がある場合でも、それを他の運転資金に回すことも考えられるので、リースのメリットを活用するのが得策と言えます。

top