Home » 複合機を借りるには » コピー機か複合機かはリース料だけでなく機能も考える必要がある
複合機リース知恵袋
複合機リース知恵袋

コピー機か複合機かはリース料だけでなく機能も考える必要がある

複合機を借りるには | 11月03日更新

コピー機や複合機を導入する時には、複合機とコピー機の違いやそれぞれのメリット・デメリット、リース料の違いを比較しながら検討する必要があります。
それにより自身が本当に必要とする機器がどちらなのか判断することができますし、リース料がどの程度なのかも分かります。
そこで、まずは複合機とコピー機の違い、メリットとデメリットについて確認しておくと良いです。

基本的にコピーをするだけの機械がコピー機で、プリンター・スキャナー・FAXなど様々な機能が付いているのが複合機です。
ただ最近は多機能化が進んでいるため、コピーしかできない機械はほとんど目にすることなくなっているため、複合機をコピー機と呼んでいる方も少なくありません。

複合機とコピー機のメリットとデメリットですが、まず複合機のメリットは何といっても様々な機能を1台でできることです。
そして、それによりコピー機・FAX・スキャナーなど様々な機械を、それぞれ準備する必要がなく費用が安くなりますし、広いスペースがなくても大丈夫ということもメリットになります。
一方デメリットは、利用方法によっては無駄になる機能があるということです。
また、リース料などもコピー機と比較して高くなるので、必要な機能とリース料を考えて導入を検討する必要があります。

コピー機のメリットは、何といってもリース料が安いことで、ランニングコストも複合機より安く済みます。
また、メリットはこうした費用面だけでなくて、本体のサイズが小さい、機能がシンプルといったこともメリットになります。
一方デメリットは、コピー以外の機能が付属していないので、他の機能が必要になった場合には複合機に替えるため、余計な手間と費用がかかってしまう可能性があります。
このようにリース料の安さならコピー機を選んだ方が良いのですが、将来的なことを考えると機能面を重視する必要もあると言えます。
そうしたことも考慮すると最初から複合機を導入しておいた方が結果的に安くなるとも言えるので、どちらにするかは慎重に検討する必要があります。

top